村の概要


 最北の天文台のある初山別村の概要








 村の歴史

村名の由来
開村の経緯 「松前史」(1781年天明元年)に「モロクベツ・シュシャベツ・フラレベツ・オタコベツ」の本村主要地名がある。江戸時代の調査・探検の記録が古文書に散見され、番屋、休憩所や烽火台、弁天社があり、アイヌの人たちが居住。秋田藩・庄内藩の管轄を経て、明治13年苫前村戸長役場管轄。明治27年羽幌村戸長役場管轄。明治34年9月に初山別村戸長役場を創設(開基)。明治42年4月、2級町村制が施行され村名を「初山別村」としました。
村名の由来 「初山別/しょさんべつ」はアイヌ語で「ソウサンベツ/滝が・そこで・流れ出ている・川」の意から転訛したものと言われています。(松浦地名解/アイヌ語地名普及会)なお、他の地名解としては更科地名解の「シュシュ・サム・ペツ/柳原の近くの川」などがあります。
注:これまでは「しょさんべつ」の地名解は4通りの説がありましたが、平成12年からは標記のように表示することとしています。


村章の由来
全体的に活動する初山別の姿を強調したもので、「しょさんべつ」の「し」を中心として、三方にのびる山状の図柄は初山別の「山」を表したものであり、かつ、南部・中部・北部の本村三地区の発展を象徴したものです。

初山別村民憲章 (昭和54年3月9日制定)
わたくしたちは、先人の遺業を尊び、力を合わせて豊かな郷土の未来を築くため、この憲章を定めます。
1、自然を愛し、いつもきれいな村にしましょう。
1、体をきたえ、心をみがき、明るい村にしましょう。
1、きまりを守り、力を合わせ、心にうるおいのある村にしましょう。
1、くらしを楽しみ、しあわせな住みよい村にしましょう。
1、産業をのばし、働くよろこびに生きる豊かな村にしましょう。

 村の基本データ (平成27年9月末日現在)

人口
1299人(男 618人 女 681人)
世帯数
585世帯
面積
279.51 km2

 村へのアクセス

ご存知のとおり、初山別村は北海道の北のはずれにあります。
交通アクセスはけっこう悪いかもしれません。
それだけ北海道が広いということでしょう。






  稚内空港
 約15分   宗谷バス
  南稚内
 約70分   JR宗谷本線
  幌延
 約70分   沿岸バス
  初山別

  稚内空港
 約2時間   レンタカー
  R40・R232経由
  初山別






  旭川空港
 約30分   バス
  旭川
 約30分   JR函館本線
  深川
 約1時間   JR留萌本線
  留萌
 約1時間30分   沿岸バス
  初山別

  旭川空港
 約4時間   レンタカー
  初山別






  新千歳空港
 約40分   JR千歳線
  札幌
 約4時間   高速バス
  特急はぼろ号
  初山別

  新千歳空港
 約40分   JR千歳線
  札幌
 約70分   JR函館本線
  深川
 約1時間   JR留萌本線
  留萌
 約1時間30分   沿岸バス
  初山別

  新千歳空港
 約3時間30分
     〜4時間
 レンタカー

 道央自動車道・千歳I.C
   ↓
  深川I.C
   ↓
  幌糠I.C
   ↓
  R233経由
   ↓
  R232経由
  初山別

Copyright(C)Shosanbetsu Village.All Rights.Reserved.