*****〔小中連携、一貫教育実践事業〕*****

 
  北海道教育委員会では、道内の児童生徒の学力向上を図るための取組として、「ほっかいどう学力向上推進事業」を行っており、「小中連携、一貫教育実践事業」は、その中の1事業として位置付けられています。
 本事業について、北海道教育委員会が定めた実施要項では、その趣旨を

 
    「小・中学校間の円滑な接続や相互の連携を一層促進し、小・中学校9年間を
    見通した学習指導等を行うことにより、児童生徒の学力向上を図るとともに、
    その成果を普及して、本道の児童生徒の学力の向上に資する」


と規定し、道内14の教育局管内から1市町村ずつを実践地域として指定して本事業を進めています。
  留萌教育局管内では、本村が、平成26年度から平成28年度までの3年間の実践地域指定を受けており、本村の中学校区内にある全小中学校(初山別小学校・初山別中学校)が本事業の実践指定校となっています。
 

「小中連携、一貫教育実践事業」の概要図(PDFファイル)

 


 ******〔平成26年度の取組状況〕******
 

本事業に取り組むにあたって、村では、学校関係者、PTA関係者、教育委員会等を構成員とする「初山別村小中連携、一貫教育推進連携協議会」を設置し、事業実施計画を作成して、取組内容を定めました。
  初年度である平成26年度においては、

○村内の児童生徒の学力向上を図る上での課題を洗い出し、共有すること
   ○小学校・中学校の9年間で児童生徒に身につけさせたい力を定め、共有すること
   ○小学校・中学校の9年間を見通した年間指導計画を作成すること

を主眼とし、併せて全国学力・学習状況調査結果やCRT検査結果の検証、複数の教員による個に応じたきめ細かい学習指導等の取組を実施してきました。
 次年度以降についても、今年度の取組内容のほか、いくつかの項目も追加して、一層の充実を図っていきます。
 

      「初山別村小中連携、一貫教育推進連携協議会設置要綱」(PDFファイル)

      「初山別村の児童生徒に育成したい力」(PDFファイル)

      「小中連携、一貫教育推進事業の取組内容(チェックリスト)」(PDFファイル)

      「平成26年度の事業実施状況」(PDFファイル)


                                                   
 【お問い合わせ先】

  初山別村教育委員会学校教育係
        TEL: 0164−67−2136
        FAX: 0164−67−2832
























Copyright(C)Shosanbetsu Village.All Rights.Reserved.