保健・衛生






 高齢者医療通院費扶助




65歳以上の高齢者が村内の医療機関へ通院するための交通費負担を軽減しています。


 プレママ健診費補助




妊婦健康診査15回分、15万円を限度として助成しています。


 すこやかロード




ノルディックウォーキングの紹介と教室を実施しています。
コースはこちらから>>>ヘルスアップコース星のふる里コース

 母子保健推進事業




予防接種

乳幼児及び児童生徒に対し、病気の感染を防止します。また、1歳以上の住民を対象とした任意接種のインフルエンザ予防接種は、薬剤費程度の負担で接種を可能として、医療機関で接種を受けるよりも接種費用の負担を軽減し、希望者の集団方式で行うことにより、その流行を防止しています。

母子健康手帳の交付

母子健康手帳の交付により妊娠初期からの自己管理と健康維持を図り、相談指導を行っています。

胆道閉鎖症スクリーニング検査

生後1ヶ月健診受診時に、検査用紙に便の色を記載し医療機関に提出してもらい、新生児1万人に1人という胆道閉鎖症を早期発見し、早期治療を図っています。

乳幼児股関節脱臼検査

満3ヶ月児を対象に1回実施しています。先天性股関節脱臼の早期発見・早期治療を行っています。

新生児、産婦訪問

全新生児を対象としています。新生児の発育や栄養・育児環境の助言を通じて産後の母の身体的・精神的安定を図り、新生児の健やかな発育を促しています。

ほしっこクラブ

月1回親子で一緒に遊んだり、親同士で交流したりすることで、母親の育児不安や母子のストレスの軽減を図っています。2ヶ月に1度、ボランティアの協力による絵本の読み聞かせや手遊びをしています。

障害児療育事業

心身の発達に不安のある児と保護者に対し、発達の確認や親支援のための訪問指導を行い、子ども発達支援センターや専門職の紹介、関係機関との連絡調整を行っています。

乳幼児健診

内科健診、栄養・育児相談などを実施し、乳幼児の発育・発達の確認、疾病の早期発見に努め、親の育児不安に関する助言と支援を行っています。

巡回相談

旭川児童相談所による巡回相談で、育児や発達障害についての相談や、いじめの相談などを実施しています。

 
フッ素塗布

1歳から就学前の児童を対象に年2回実施しています。フッ素を乳歯に塗布することにより、乳歯の歯質を強化し虫歯を予防しています。

1歳6ヶ月児、3歳児健診

計測・内科健診、歯科検診・栄養相談・発達相談などを行い、幼児期における心身障害の早期発見と乳歯の虫歯予防に重点を置き、乳児の健やかな発育を促しています。


 健康増進推進事業




各種健診

胃がん検診、肺がん検診、大腸がん検診、子宮がん検診、乳がん検診、MRI検診、結核検診、エキノコックス検査、肝炎ウイルス検査を行っています。

食育の改善事業

健康相談、調理実習、健康講話を行っています。年1回は、村内の女性でつくる「食生活改善グループ」との協力により、健康講話と健康メニューの調理実習を行っています。

各地区健康教室

各地区や各団体の要望に合わせたテーマで、保健師が健康の学習会を実施しています。

健康教室(からだそうかいクラブ)

保健師と、理学療法士による生活習慣病のための健康相談と、ストレッチなどの運動指導を中心とした健康教室を、年6回実施いたします。

リハビリ指導

脳卒中後遺症などのリハビリ指導が必要な方に対して、理学療法士が定期的に訪問し、家庭でのリハビリ方法、介護機器の選定方法、住宅改修などのアドバイスを実施しています。

家庭訪問

生活習慣病や障害者など、個別に保健指導の必要な方に対して、保健師が訪問指導しています。

特定健康診査

問診、身体測定、尿検査、診察などを実施します。また、医師の判断により貧血検査、心電図検査、眼底検査を実施します。重篤な病気になる前段階であるメタボリックシンドロームの該当者や予備軍を早期に発見し、生活習慣病の予防を目指します。

健康づくり等実践活動推進事業 (チャレンジマイレージ制度)

健康づくりや文化・ボランティア活動の実践でポイントを貯めてポイント券(買物券)と交換し、村内商店等で利用する制度です。

「マイレージカード」 ← ここからダウンロード

 衛生協力員活動




村内から16人の衛生協力員を委嘱しています。主に、各地区での検診事業の受診者の取りまとめを積極的に行い、地域住民の健康意識の向上に努めています。




Copyright(C)Shosanbetsu Village.All Rights.Reserved.