しょさんべつマイスター物語  木下 喜代次さん
                           木下りんご園 園主
KINOSHITA Kiyoji

気さくな人柄の木下さん
「りんご食べにさ、来ればいいべさ」
 日本最北の果樹園「木下りんご園」では、サクランボ・プルーン、すもも・梨・りんごなどを栽培している。風連別川のほとりに広がる果樹園は2ヘクタールの広大な敷地だ。果樹の数はおよそ200本ほど。明治生まれの祖父の代から三代にわたって北の果樹を守ってきた。

特にりんごは接ぎ木を繰り返し、今では10種類を栽培。旭・津軽・北上・スターキングなど、さまざな種類のりんごを味わうことができる。果樹がたわわに実る頃には、観光客が多く訪れる。仲間で木のオーナーになり楽しむお客さんも多い。


広々とした敷地です

最北のりんごを召し上がれ
木下りんご園

〒078-4432 初山別村字明里

電話&FAX 0164−67−2542

※入園料は無料です。
獲った分を計り売りしています。


Copyright(C)Shosanbetsu Village.All Rights.Reserved.