新着画像
Newly arrived image
中秋の名月
10月4日は中秋の名月でした。日中から曇りや雨で見えそうもないかなと思っていたところ、ちょっとだけ雲が切れて月が出てきました。中秋の名月はたいてい9月中にありますが、今年は暦の関係で10月になりました。しかも、満月の2日前なので左側が欠けています。たまにはこんな名月もよろしいかと・・

撮影 : 2017.10.04 22h03m Panasonic GH4 400mmF5.6
 
部分月食
8月8日の未明に部分月食が見られました。見られる時間帯が午前3時前後と言うことで、夜中なのか早朝なのか。3時前に目が覚めてしまったので見てみました。今回は月の4分の1が欠けるだけの軽微なものでしたが、しっかり欠けていました。この画像は最大食分のころのです。

撮影 : 2017.08.08 03h09m Panasonic GH4 400mmF5.6
 
水星食
7月25日の夕方、水星が月に隠される水星食が全国で見られました。水星は太陽に一番近いため見るのも難しい惑星ですが、水星食となると日中だったり低空だったりと悪条件のことが多いです。今回は日没前後で高度はまずまずたったため見られました。潜入は日没前、出現は日没後と言うことで、出現直後を撮影してみました。月の右下にポツンと光る星が水星です。

撮影 : 2017.07.25 19h38m Panasonic GH4 400mmF5.6
 
ジョンソン彗星(C/2015V2)
何かと話題のジョンソン彗星ですが、情報が先走りしているようです。一般の人が感動するような明るさにはならないと分かっていても、期待してしまうのですね。尾は出ていますが淡く望遠鏡でも今ひとつはっきりしません。双眼鏡では頭の部分が丸くぼんやりとして、良ーく見れば薄い尾が見える程度です。

撮影 : 2017.05.25 21h30m Nikon Df 1050mmF7
 
木星
今年の木星は4月8日に衝になり地球に最接近しました。木星には大気の流れによるしま模様があり、小型の望遠鏡でも見えます。また、大赤斑と呼ばれるオレンジ色のだ円斑がありますが、少し大きめの望遠鏡の方が見やすいです。ちょうど1年前の画像が一番下にありますので見比べてみてください。

撮影 : 2017.04.01 21h35m Panasonic GH4 15cm屈折LV9
 
月、水星、火星
夕空から金星がいなくなってちょっとさみしくなりましたが、まだ火星が頑張っています。火星の下で月と水星が並びました。水星は金星ほど明るくないので派手さはありませんが、4月1日は夕空で今年一番見やすくなります。

撮影 : 2017.03.29 18h52m Sony α7s 56mmF5.6
 
水星
金星のついでに4月1日に最大離角になる水星も撮ってみました。最大離角前なので半月型より少し膨らんでいます。水星は太陽に近いため、最大離角を含む1週間くらいしか見やすい期間がありません。

撮影 : 2017.03.25 14h18m Panasonic GH4 15cm屈折/LV9
 
極細の金星
3月23日に内合となった金星は、25日の夜中に太陽に最も近づきました(最接近は26日午前2時ころ)。真夜中では見えないので日中の細くなった金星を撮ってみました。光っている部分は金星の半周を越えています。空はよく晴れているのですが、北風の影響で大気のゆらぎ大きく金星がゆれて見えます。

撮影 : 2017.03.25 10h50m Panasonic GH4 15cm屈折/LV9
 
夕空の金星と火星
冬は天候が悪くなかなか見ることのできなかった、夕空で煌々と輝く金星と、その左上でひっそりと光る火星。この冬はずっと一緒に仲良く並んでいました。金星は輝きが強いので海面に光の帯ができています。水平線の光は焼尻島と天売島、その左に金比羅神社の鳥居がみえています。

撮影 : 2017.01.30 19h13m Nikon D610 28mmF2
 
日没
左が焼尻島、右が天売島で、毎年真ん中に沈む太陽を狙っていますが、なかなか天候が良くならず未だに満足できる撮影ができていません。今回も雲が多く1日違いで南にずれてしまいました。

撮影 : 2016.11.12 16h09m Sony ILCE-7s 1050mmF7

 
ライトピラー
旅の途中、苫小牧市の東港で撮影しました。夜空には薄雲が広がり星は見えないなぁ・・と、よく見たら雲に写る光りが・・。UFOの襲来・・ではなく、水平線の漁船団による光りでした。北国ではよく見られる現象で、大気中の水分が氷の結晶(氷板)になり、地上の光が反射して縦に伸びます。この光りの並びなんとなくプレアデス星団のように見えました。見慣れないとオーロラや謎の光りと間違う人がいるとか。

撮影 : 2016.9.29 04h25m Nikon D3s 30mmF3.1

 
金星と木星が大接近
惑星界の王者・木星と金星が8月28日に大接近しました。最も近づいたのは午前7時29分で、その角度は3分(月の直径の10分の1)で、夕方には離れてしまいますから、青空の中で撮影しました。左の淡いのが木星で、右の明るいのが金星です。大気のゆらぎが激しく金星の形が歪んでいました。

撮影 : 2016.8.28 09h02m Panasonic GH2 15cm屈折LV20mm

 
土星
土星はここ数年、南に低いため北海道ではあまり良い条件とは言えません。でも、環の傾きが最も大きくなるのもいて座の方向なのでちょっと悔しい気持ちもあります。ここ数年は環の短辺が本体よりも大きくなり、目玉のような姿です。

撮影 : 2016.6.3 21h39m Panasonic GH2 15cm屈折LV5mm

 
火星
今年の火星は南に低いため、緯度の高い北海道では高度が低く安定した像が見込めません。そんな中で割合良く写った方です。火星は旬が短いので見えるうちに見た方がいいです。

撮影 : 2016.6.3 21h39m Panasonic GH2 15cm屈折LV5mm