惑星状星雲








恒星が新星爆発をしたあと、吹き飛ばされたガスがゆっくり広がっていく。これらのガスの見かけの大きさ・形が惑星のように見えるところからこのように呼ばれているが、惑星とは何の関係もない。新星爆発時のガス放出の仕方により、様々な形が出来る。その形態によりI型からVI型の11パターンに分類される(ボロンソフ・ベルヤミノフによる分類)

 I  恒星状  III  不規則な円盤状
 II  円盤状  IIIa  輝度分布が不規則な円盤状
 IIa  中心に輝度集中が見られる円盤状  IIIb  環状構造の痕跡を残す不規則な円盤状
 IIb  一様な輝度の円盤状  IV  環状
 IIc  周辺が明るい円盤状  V  不規則型
     VI  変則型(8の字状、S字状等)


no photo
I 型 II 型   NGC6210  (ヘルクレス座)
IIa 型   IC4593  (ヘルクレス座) IIb 型  NGC6309  (へひへつかい座)
no photo
IIc 型 III 型   M27(あれい星雲)  (こぎつね座)
IIIa 型   M97(ふくろう星雲)  (おおぐま座) IIIb 型   NGC2392(エスキモー星雲)  (ふたご座)
no photo
IV 型   NGC1535  (エリダヌス座) V型
no photo
VI型