黄道光  
 黄道光は太陽の光によって、太陽の周辺にあるチリが光ったもので、惑星の通り道(黄道)付近に多く分布しています。初山別(北緯44度)では左上方向に最大70度くらいの傾きで見えます。春の夕方、西に見えるのは左上にのびた光です。
 北回帰線(北緯23.4度)から南回帰線(南緯23.4度)の間では垂直に伸びます。これは北緯24度の石垣島から見た姿で、ほぼ直立しています。
  秋は明け方の東空で見やすく、黄道光は右上方向に伸びています。
 低緯度オーロラ 
 日本で見られるオーロラは低緯度オーロラと言い、オーロラの最上部のみが赤くみえます。これは2003年10月31日に見られたオーロラで、街明かりの上に赤い光が大きく広がっています。
 光柱(ライトピラー)
 気温が低くなると空気中に小さな板状の氷の粒が出来ます。その氷に街灯や漁船の光が反射し光の柱のように見える現象で、時々オーロラと間違われます。これは漁船による光柱で、太陽や月の光でも見られることがあります。