天売島と焼尻島の間に沈む太陽 
太陽の左が焼尻島、右が天売島です。二島の間に沈む太陽は11月10日前後と2月4日前後に見られます
 グリーンフラッシュ 
太陽が沈む直前のわずかの時間、太陽のふちが緑色に見える現象です。太陽の光には赤、黄、緑、青などの色が混じっていて、全部合わさると白っぽく見えます。太陽(他の星も同様)の高度が低くなると、大気による屈折で光の分散が起こり、波長の長い赤やオレンジの光は見えますが、波長の短い白や青の光は分散してしまいます。そして中間に当たる緑の光が短時間見えるわけです。グリーンフラッシュは大気が濁っていると見えません。
 天売島に沈む月 
太陽と同じように月も天売島、焼尻島に沈みます。太陽は明るいので沈むまで見ることができますが、月は太陽に比べると暗いため、低空の大気が濁っていると沈む前に見えなくなってしまいます。透明度が良いときは形を変えながら沈んでいくのが見えます。光の列は天売島市街の明かりです。
前に戻る